泡クレンジングをお探しの方に、選び方のコツとおすすめの泡クレンジングをご紹介しています。泡クレンジングには、炭酸を使用したものと使用し指定ないものがありますが、炭酸を使用した方が断然良いということの理由を詳しく解説していますので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

泡クレンジングの選び方を徹底解説

泡クレンジング選びのポイントはここ
こすらずにメイクが落ちるもの
泡クレンジングの醍醐味は、炭酸の力でメイクを浮かせて落とすというものです。炭酸の泡が弾けることによって、メイクを浮かせるので、こすらなくてもメイクが落ちるような処方になっているものを選ぶと、肌への負担を減らすことができます。
ダブル洗顔が不要のもの
泡クレンジングの中には炭酸の力で毛穴の奥の汚れを浮かせることができるものがあります。そうすれば、ダブル洗顔をしなくても毛穴汚れをきれいに落とすことができます。ダブル洗顔で肌への負担が気になるという方は、ダブル洗顔不要のものを選びましょう。
美容成分がたっぷりと配合されているもの
炭酸には美容成分の浸透を高める働きがあるので、炭酸を使用した泡クレンジングには美容成分がたっぷりと配合されているものが最適です。特にクレンジングした後に肌が乾燥しやすいという方には、美容成分たっぷりのものをおすすめします。

泡クレンジングおすすめランキング

肌ナチュール
発泡力の高い炭酸泡を使用することで、ウォータープルーフのメイクまできれいに落とすことができます。炭酸がメイクを浮かせるので、こすらなくてもメイクが落ちます。しかも炭酸泡が毛穴の奥から汚れを浮かせてくれるので、ダブル洗顔は不要です。さらに、全部で53種類の美容成分を配合しており、美容液並みのスキンケア効果が期待できます。
こすらず落ちる:◎ ダブル洗顔不要:◎ 美容成分:◎
ブライトアップクレンジングウォッシュ
高濃度炭酸泉よりも濃い炭酸(約7,000ppm)を配合することによって、こすらなくてもメイクを浮かせて落とすことができます。使用している洗浄成分は植物由来のマイルドクレンジング成分なので、肌にとても優しいところが魅力です。ヒト型セラミド・ローヤルゼリー・マリンコラーゲンなどの美容成分がたっぷりと配合されています。
こすらず落ちる:◎ ダブル洗顔不要:○ 美容成分:○
うるおいクレンジング泡ジェル
石鹸を主成分とした泡クレンジングなので、炭酸は含まれていません。ですから炭酸による効果は期待できませんが、石鹸なので毛穴汚れをしっかりと落とすことができ、ダブル洗顔は不要となっています。ナノサイズの加水分解ヒアルロン酸やアセチルヒアルロン酸を配合しているので、保湿効果が期待できます。
こすらず落ちる:△ ダブル洗顔不要:◎ 美容成分:○
パンナポンパ無添加泡クレンジング
オイルフリー・無香料・無着色・パラベンフリーで肌に優しい泡クレンジングです。オイルフリーなので、べた付き感もなくマツエクにも安心して使うことができます。洗顔料の成分も配合されているので、ダブル洗顔は不要です。ただし、美容成分は配合されていないので、肌が乾燥しやすい方には不向きです。
こすらず落ちる:△ ダブル洗顔不要:◎ 美容成分:△
ダヴ オイル泡クレンジング
オイルクレンジングがきめ細かい泡になって出てくるオイル泡クレンジングです。基本的にはオイルクレンジングと何ら変わりはありません。ですから、泡タイプのオイルクレンジング使いたいという方におすすめです。美容成分などは溶くに配合されていません。
こすらず落ちる:○ ダブル洗顔不要:△ 美容成分:△

一番おすすめしたい泡クレンジングはこちら!

泡クレンジングでベストな選択は「肌ナチュール」です!
こすらなくてもウォータープルーフまできれいに落ちる
⇒ 発砲力の高い独自の炭酸泡を使用することによって、メイクを浮かせる力を高めているので、こすらなくてもウォータープルーフのメイクまでしっかりと落とすことができます。使用している洗浄成分も低刺激なものなので、肌に負担をかけません。
毛穴汚れを落とすのでダブル洗顔不要
⇒ 酒粕や米ぬか成分が肌を柔らかくして、発酵ローズハチミツが古い角質を除去してくれますし、炭酸によって毛穴の奥から汚れを浮かせることができます。ですから、ダブル洗顔をしなくても肌に汚れが一切残りません。
美容成分をたっぷりと配合
⇒ ベースに出雲の温泉水を使いつつ、吸着型ヒアルロン酸・セラミドでしっかりと保湿することができます。さらに、アロエベラ・さくら・ハトムギといった植物エキスを加えるなど、全部で53種類の美容成分を配合しています。

ウォータープルーフまできれいに落ちる泡クレンジングは発泡力にこだわった「肌ナチュール」だけ!